• Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン

Ryu’s Voice #127

代表取締役社長 村野隆一

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

また、この激動のコロナ禍という厳しい環境下ではございますが、おかげさまで弊社も何とか無事に49期を終え、節目の50期を迎えることができましたことをご報告申し上げますとともに、これもひとえに今まで弊社を信頼して頂きお付き合いしてくださった多くの皆様のご支援あっての賜物と、心より感謝を申し上げる次第でございます。

さて、気がつけばもう9月。本来であれば東京オリンピック・パラリンピックが閉会したばかり。
まだまだ熱気が冷め止まない状態で外食業界も盛り上がっていたのではないかと想像すると、いま目の前にある現実との大きなギャップに思わずため息が漏れてしまうのが正直なところであります。

今年の初めには、まさかこんなことになるとは誰も想像し得なかったと思いますし、私自身も子供の頃から長い間この外食業界を見続けてきましたが、当然こんな業界の危機的な状況を目の当たりにしたことはありませんでした。

ただ改めて思い返してみると、外食産業というのはここ数十年の間だけでも時代に合わせて様々大きな変化を遂げており、今更ながら、じつは外食業界というのは他の業界に比べて”より環境の変化に対応し得る非常にクリエイティブな業界”の一つなのではないかと考えるようになってきました。

確かに業界はかつて経験のない未曽有の危機に直面しており、大きな変化の波のなかにいるのは事実でありますが、必ずやこの変化に対応し、環境や時代に合わせて進化をし続け、今後さらなる発展をしていかれるものと信じてやみません。

もちろんコロナ禍で人々の生活様式が大きく変わってきているので、今までと同じようにやっていては立ち行かなくなっていく部分も少なからずあるのかと思いますが、根本的には食べ物を食べる人の数が著しく減っているわけではないですし、なにより”社会に潤いと活力を与えてくれる”この外食産業というインフラは、世の中になくてはならない必要不可欠な存在であって、その本質が変わることはないはずです。

多分に漏れず弊社としても厳しい状況が続くことになりますが、たとえどんな状況下にあったとしてもしっかりと世の中の変化に対応しながら、日頃よりお世話になっているお客様、そしてこの外食業界全体への感謝を忘れず、今後も皆様のサポートに努めてまいりますので、引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようどうぞ宜しくお願い申し上げます。

​総合食品材料卸商社

協和物産株式会社

​本社 東京都江東区東雲2-5-12 

(C) Kyowa Bussan Co.,Ltd.All rights Reserved.